Twitter
FANZAでエロフィギュア予約!
ウルティメイトサポーター
2019年人気記事
2020年8月の人気記事
カテゴリー一覧
月ごとの一覧記事
サイト内検索

> > 伝説の模型本がついに復刻!『SF3Dオリジナル【復刻版】』5月31日発売!

伝説の模型本がついに復刻!『SF3Dオリジナル【復刻版】』5月31日発売!

横山宏氏原作の模型オリジナルSFストーリーを別冊化した『SF3Dオリジナル』。その伝説の模型本が、オリジナル版と遜色ないクオリティーで、『SF3Dオリジナル【復刻版】』として、5月31日発売です!【ホビージャパン】

※画像は1983年発売のオリジナル版です。
 

横山氏原作の模型によるオリジナルSFストーリー『Ma.K.(マシーネンクリーガー) 』(「月刊モデルグラフィックス」連載)は、世界に数多くのファンを持ち、ウェーブ、ハセガワからプラキットシリーズも展開されている、一大コンテンツです。「月刊ホビージャパン」では2010年3月号より、横山氏とプロモデラー・MAX渡辺氏によるコラボ連載として『Ma.K.in SF3D』が開始され、好評を得ています。
『SF3D』は「月刊ホビージャパン」にて1982年から85年まで連載されたすべての原点であり、その唯一の単行本が、1983年発売のホビージャパン別冊『SF3Dオリジナル』です。
本書はHJ本誌連載の第1回AFSから第15回クレーテまでの内容を再構成し、コンラート・アムゼルを主役とする「SF3Dオリジナル背景設定小説」や横山氏による描き下ろし戦闘劇画などが掲載されています。
 復刻版では、『SF3Dオリジナル』の全ページを高精細スキャンし、オリジナルと遜色ないクオリティーで現代に蘇ります。まさに『Ma.K.』&『SF3D』ファン必携の一冊です。

『SF3Dオリジナル【復刻版】』刊行によせて
原作者・横山宏
 今あるいろんな『マシーネンクリーガー』の書籍はこの『SF3D』別冊がスタート地点で、その続編が今も続いていると考えてもらえるといいですね。
 この本をこさえたのは、今からおおよそ30年近く前のことです。当時編集担当だった市村氏。今はアートボックスの社長だ。またデザイナーの今井君もみんな大学卒業したての湯気が出てるくらいの若者だ。もちろんわしも20代の若者だったので今思うとはずかしいようなバカっぽい表現がたくさん出てくる。でもってヘアースタイルもファッションも何かの罰ゲームのような恥ずかしさ。広告や投稿記事だって負けてないほどバカっぽい。
 そんなお笑い本のような『SF3D』別冊ですが当時、中学生だったホビージャパンの読者には相当イケてる内容だったことは間違いない。当時の中学生読者が今もマシーネンクリーガーを引っ張っている事がその事を証明しているね。
 まだ見たことない中学生諸君、また昔中学生だった諸君。ぜひ手にとって恥ずかしさと懐かしさに浸ってみよう。
プロモデラー・MAX渡辺
 デビューしたてのモデリングライターだった僕MAX渡辺(当時 渡邊誠)にとって、『SF3Dオリジナル』はまさに憧れの対象であり、HJが発売されるや真っ先に開くページでありました。なんてスゲーデザイン! 模型! どうしてこんな凄いのを毎月作れるんだ! と、ため息ばかりでありました。原作者の横山サンはいかにも喧嘩が強そうなカッチョイイ兄さんで、女子にももてそうなオーラ、プンプンでした。今ではかっちょいいオッサンで、相変わらず憧れの兄さんです。
 今日まで脈々と続いてきた『Ma.K.』コンテンツの原典であるこのムックの復刻、これはうれしい事件ですねぇ。当時ちょっとだけお手伝いさせていただいて、巻末にクレジットされてるのが、ささやかだけど大きな、僕の自慢だったりします。さぁ、まだ持っていない人にはまさにチャ~ンス!! でございますよ。

■ 商品名:「SF3Dオリジナル【復刻版】」
ショップリンクへ »

■ 発売元:ホビージャパン
■ 仕様:書籍
■ サイズ:B5判・平綴じ・140ページ
■ 価格:税込2,000円
■ 発売:2010年5月31日

ショップリンク

SF3Dオリジナル【復刻版】
  Amazon あみあみ

関連

ホビージャパン
ホビージャパンの出版物
(C)Kow Yokoyama 2010

今勢いのある人気記事

これは良いメスガキ感!ロケットボーイ新作エロフ...

スカイチューブ「フォルト!! A 佐伯藍」の「切な...

「プロデューサーだから見ることのできる、舞台(ス...

同ジャンルの最新記事

ブロッコリー新作美少女フィギュア「サノバウィッ...

スケスケキャミソールがエロい!わんだらー新作美...

ゲコ太に囲まれて幸せそうな”オフ”の美琴がフィギ...

コメント

もーにんぐさん

ナ・ツ・カ・シー!!
マシーネンと言われるようになっても、やっぱSF3Dの方が耳馴染みが良いです

2010年4月14日 13:57

あすとれあさん

某ログインに掲載されてた頃から横山氏の作品を知ってる身としては懐かしすぎますわ。
そういや昔AFSのキット買って作ったんだったなぁ…

2010年4月14日 17:24

石舟斎さん

あー、昔この本持ってました。いつの間にか無くなってしまいましたが。「ホルニッセ」が好きでしたねー。そういえば「SF3D ナッツロッカー」のタイトルでオリジナルビデオが作られましたね。見る機会はありませんでしたが・・・・。

2010年4月15日 00:32

mmさん

 私は今でも当時のものを、資料として現役で使っております!! P73の裏表逆のイラストも、そのままなのでしょうか?

2010年4月17日 08:33

コメントする


※メールアドレスは公開されません。