Twitter
FANZAでエロフィギュア予約!
ウルティメイトサポーター
2019年人気記事
2020年9月の人気記事
カテゴリー一覧
月ごとの一覧記事
サイト内検索

> > バンダイ IN ACTION!! OFFSHOOT「ダンバイン」「ビルバイン」のサンプル展示

バンダイ IN ACTION!! OFFSHOOT「ダンバイン」「ビルバイン」のサンプル展示

バンダイ IN ACTION!! OFFSHOOT「ダンバイン」(AA)と「ビルバイン」(AA)のサンプル展示がキャラシティにて開始しています。これは、エルガイムザブングルに続く、ガンダム以外のメカをラインナップしていくアクションフィギュアシリーズ「IN ACTION!! OFFSHOOT」シリーズの新作となるもの。ビルバインは飛行体型に変形も可能で、ダンバインを上に乗せることも可能



バンダイ IN ACTION!! OFFSHOOT「ダンバイン」(AA)と「ビルバイン」(AA)のサンプル展示がキャラシティにて開始しています。
これは、エルガイムザブングルに続く、ガンダム以外のメカをラインナップしていくアクションフィギュアシリーズ「IN ACTION!! OFFSHOOT」シリーズの新作となるもの。
関連:バンダイ「IN ACTION!! OFFSHOOT エルガイム」のサンプル展示/バンダイ「IN ACTION!! OFFSHOOT ザブングル」のサンプル展示

バンダイIN ACTION!! OFFSHOOT ダンバイン」(AA)
価格は税込2,100円。
Amazonの商品説明によると「1983年に放映されたリアルロボットアニメ「聖戦士ダンバイン」に登場した主人公機ダンバインが塗装済み完成品フルアクションフィギュア「IN ACTION!! OFFSHOOT」シリーズで登場。2000年に「オーラバトラーインアクション」として展開した商品が一部関節機構、素材のリファインを図り約7年ぶりに復活。前後スイングを可能にした肩関節、あご引き・見上げが可能となった首関節などを複合することで、旧商品よりポージングの幅が大幅に広がっています。また、本体に塗装を施すことで質感も大幅に向上しています。 」と紹介されています。
関連:聖戦士ダンバイン – 公式/聖戦士ダンバイン – Wikipedia

ボディアップ、腕部、足のカギ爪など。
カギ爪は3本とも別可動となっていて、かなり自由度は高い感じでした。

パッケはこんな感じ。
パッケ画像によると、コクピットハッチの開閉も出来るみたいですね〜

バンダイIN ACTION!! OFFSHOOT ビルバイン」(AA)
価格は税込2,100円。
ビルバインは聖戦士ダンバイン – 公式説明ページによると「ナの国で密かに開発が進められた唯一の可変型オーラバトラー。ウイング・キャリバー変形機構という画期的なシステムで航続距離が飛躍的にアップし、ダンバインの輸送にも使用出来る。「聖戦士」としての資質を備えたショウ・ザマにナの国の女王・シーラが託す。47話からはブルーカラーの迷彩に変更されている。」というメカ。

ボディアップ前後、武器、脚部など。

飛行形態(ウイング・キャリバー)にも変形が可能となっています。

パッケはこんな感じ。

飛行形態(ウイング・キャリバー)では、ダンバインを上に乗せることも可能となっていました。
まあ、乗ってるだけといえばそうですけどw
どちらも発売は、8月予定となっています。

商品名 IN ACTION!! OFFSHOOT ダンバイン、ビルバイン
メーカー バンダイ
発売日 2007年8月発売予定
原作名 聖戦士ダンバイン
コピーライト ©創通エージェンシー・サンライズ
標準小売価格 各2,100円(税込)

【関連記事】
IAO「エルガイム」「ザブングル」 EMIA「ストライクノワール」発売
バンダイ「IN ACTION!! OFFSHOOT ザブングル」のサンプル展示
バンダイ「IN ACTION!! OFFSHOOT エルガイム」のサンプル展示
【関連リンク】
聖戦士ダンバイン – 公式
聖戦士ダンバイン – Wikipedia
魂ウェブ

今勢いのある人気記事

【アダルトフィギュア】きょくちょさん超人気シリ...

しのづかあつとさんデザインの「タイト」な衣装!...

ホビージャパン新作美少女フィギュア「ペルソナ5 ...

同ジャンルの最新記事

GOODSMILE RACING & TYPE-MOON新作美少女フィギュ...

ファット・カンパニー新作美少女フィギュア「ドー...

マックスファクトリー新作美少女フィギュア「すー...

コメント

konbuさん

当時、子供心にビルバインのデザインには違和感を感じましたが、
今改めてこのデザインはありえんあぁと…

2007年8月6日 14:53

kobayashi-kunさん

私もkonbuさんの意見に賛成です。
なんつーか、オーラバトラーって、
機械の中にも生き物臭さ?が漂っていたのに、
ビルバインは、もろ100%「メカ」という
感じがしまする・・・。でもカッコええなぁ

2007年8月6日 19:26

masaさん

昔のホビージャパン誌で
「いわゆるシンボル、リーダー的な存在として、解釈できない事はない」
って記述がありまいたけどね。
個人的には、オーラキャノンとビームソードさえなければ、そんなに気にならないです。

2007年8月6日 21:52

もんぷち。さん

>konbuさん
ふむ、個人的にはそんなに嫌いではないですけどね。
でも、あの世界観にはカラーリングがビビッドすぎた感はありますな〜
>kobayashi-kunさん
かっこよくはありますよね〜
>masaさん
ふむふむ。

2007年8月7日 09:26

テルタインさん

ボチューンを作った国とは思えないくらいダンバインとのデザイン上の断絶があり、確かに当時はショックでした。
ただ、色味的には最終3話の海上迷彩だと意外とかっこよく見えたので、そちらの仕様で販売されることも期待しています。

2007年8月7日 10:54

もんぷち。さん

ふむふむ。
あちらのカラーリングのほうが違和感はなかったですね〜

2007年8月8日 07:38

コメントする


※メールアドレスは公開されません。