FANZAでエロフィギュア予約!
ウルティメイトサポーター
2019年人気記事
Twitter
2020年6月の人気記事
カテゴリー一覧
月ごとの一覧記事
サイト内検索

> > コトブキヤ「ZOIDS シールドライガー」発売

コトブキヤ「ZOIDS シールドライガー」発売

11月2日、サンプル展示もあった、コトブキヤ「ZOIDS シールドライガー」(AA)がアキバで発売されていました。これは、コトブキヤのZOIDSプラモデル第1弾となるもので、コトブキヤプラキットシリーズ初となるコーションマークを再現したシールが付属したり、一部本当のスプリングなどを使用して、ディティールを再現させたもの。パッケは重く、多分1kgは軽く超えてそうでした。



11月2日、サンプル展示もあった、コトブキヤ「ZOIDS シールドライガー」(AA)がコトブキヤ秋葉原店で発売されていました。

パッケ表面、側面には機体解説や、各部説明など。中身が詰まっているのか、パッケはかなり重くて、多分1kgは軽く超えてそうでした。
1/72スケールで、全長約200mm。
価格は税込4,200円。
コトブキヤ商品詳細によると、「『ゾイド』から完全新造形によるZOIDS第1弾登場です!動物的なシルエットを徹底追求しました!!」とされていて、店舗で配布されているチラシでは、「コトブキヤプラキットシリーズ初となるコーションマークを再現したシールが付属」「コクピット内細部を表現!!」「プラスチックでの形状再現がむじかしい部分はスプリングを使用しディティールの再現を徹底追及」「ゾイドコア(心臓部)を再現。胸部に収納可能!!」「動物的なシルエットを徹底追求。キットならではの可動を実現!!」とされています。
「シールドライガー」とは、Wikipediaによると、「中央大陸戦争時代、ヘリック共和国軍がゼネバス帝国軍のサーベルタイガーに対抗するべくエリクソン大佐が生み出した共和国初の大型高速戦闘ゾイド。武装の面ではサーベルタイガーに劣るものの、最高速度、格闘性能ではそれを上回る。また、タテガミ部分には機体名称にもなっているEシールドが装備されており、敵のビーム兵器をはじき返すことが可能である。」というライオン型ゾイド。

コトブキヤラジオ会館では、ポスターも掲示されていて、このポスターにも各部解説が。
コトブキヤラジオ会館で購入すると、このポスターが先着でもらえるみたいです。

ほか、2日に入荷確認できたのは、コトブキヤラジオ会館キャラシティソフマップ本店でした。

左からコトブキヤ秋葉原店コトブキヤラジオ会館キャラシティでのサンプル展示の様子。
キャラシティでは、タカラトミーのゾイドシリーズのものと並べて展示されていました。
やはりフォルムはコトブキヤのほうが好みかなw
なお、第2弾は、プラモデルラジコンショー2006展示されていた、「1/72コマンドウルフ」が予定されています。

【関連レビュー】
YUJIN SRDX 「ゾイドジェネシス コトナ・エレガンス」
YUJIN「SR ゾイドギャルズコレクション」
YUJIN SRDX 「ZOIDS ムンベイ」
【関連記事】
コトブキヤ「1/72 ZOIDS シールドライガー」のサンプル展示
レ・ミィ×コトナ「瞳そらさず・・・ほら」発売 「とりあえず手○れ金代わりに買います!」
コトブキヤ新作展示会 マックスファクトリー「ゾイドジェネシス コトナ・エレガンス」
Yujin「SRDX ゾイドジェネシス コトナ・エレガンス」発売
【関連リンク】
ZOIDSアルティメットウェブ
ゾイド The History of TV ANIMATION
©1983-2006 TOMY ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd.and used under license.

今勢いのある人気記事

発売したばかりのスカイチューブ新作エロフィギュ...

ユニオンクリエイティブ新作美少女フィギュア「Anm...

オルカトイズ「趙雲子龍・Bunnyスペシャル」の「ヒ...

コメント

はまなふうさん

>オルカトイズ「趙雲子龍・Bunnyスペシャル」の「ヒモだけビキニ」
今見ても凄くえっちぃですね!

2020年7月6日 13:18

コメントする


※メールアドレスは公開されません。