サイト内検索
【お知らせ】
DMM/FANZAで発売中!
「実写化同人」新作!
FANZA月額見放題!
カテゴリー別の記事一覧
月別アーカイブ

コスプレ

キャラホビ2006レポ コスパ主催「COS-PATIOオフィシャルコスプレコンテスト」

本サイトページは、アフィリエイトプログラムによる収益を得ております。

キャラホビ2006の初日最後のステージイベント「COS-PATIOオフィシャルコスプレコンテスト」では、参加コスプレイヤーさんが40組と予想より多かったのか、かなり急ピッチでの舞台進行でした。会場内の「IRF2006」特設スタジオにてラジオ生収録をされていた、声優の徳永愛さんもMCとして参加されていたりと、華やかなステージが会場に蛍の光が流れるまで行われていました。



キャラホビ2006の初日最後のステージイベントとして「COSPA主催のコスプレコンテスト」が開催されました。

電撃ホビーマガジン編集長や、アニメージュのプロデューサーの方、アヤビエのギタリストの涼平さんなど8名の豪華審査員の方々。
1時間予定のイベントで40組のコスプレイヤーさんを審査しなければいけないため、審査も会場に向けて2、30秒ポーズをとった後に名前を言って終わり、という、かなり急ピッチでの舞台進行でした。
参加されたコスプレイヤーの方々を少しではありますがお伝えしていきます。

マッグガーデン部門を受賞された ARIAコスの親子。
等身大の社長に 審査員席からも会場からも あたたかい視線が。
コレはやられましたね〜w

LaLa部門を受賞された 桜欄高校ホスト部のお二人。
よく見ると審査員席にも 同じ制服の学生さんがいますw

ガンダム部門受賞のジオン軍の方々の 一糸乱れぬ敬礼は、大きなアクションではないものの
とても様になっていて 客席から 歓声があがっていました。


唯一 ガンダムの版権のとれるイベントとあって、コスプレイヤーの方々も意識されているのか
ガンダム関係の方々の参加がとても多かったことと、パフォーマンス要素を含んだ方が多かったので 舞台映えのするステージでした。
その中で ガンダム賞を受賞されていたお二人のポーズの合間に見せる爽やかな笑顔が印象的でしたねw

折りたたみイスを持参した碇指令へ「安っぽいネルフですねw」とのコメントに沸く会場をよそに、確信犯(?)のご本人は最後まで不敵な笑みをうかべていました。

背後からハルヒに乳をもみしだかれたミクルが、「やめてくださいハルヒさん〜!」と叫ぶパフォーマンスをしたレイヤーさんと、それとは対照的に 司会の方からのポーズの合図でうなだれる絶望先生のコスプレさん・・・w
色の濃いフリー部門で、特にキャラ性の強かった二組が、それぞれフリー部門と審査員特別賞を受賞されていました。


同じくフリー部門で受賞したのは 審査員席から「これはズルい!」と連呼されていた、怪傑ズバットの少年。
キザなポーズを 審査員席の前でも堂々とこなした後に、マイクをむけられ うつむく姿がまた歓声を誘っていました。やはり 子供は強いですねw


気ぐるみ、かぶりもの部門の方々は 同時に審査ということで ロボ系の気ぐるみ7体がステージ前にずらり並ぶ姿は圧巻です。
ステージ上には 他にも何人かのかぶり物レイヤーさんがいらっしゃるはずなのですが、鉄壁の防壁に 阻まれ まったく見えずw

審査のために コスプレイヤーさん全員集合。
でも見えないw

審査発表風景。
コスプレをしている審査員の方を見ると ○ちゃんの仮装大賞を思い出しますなw

最後は参加者のみなさんで記念写真。
画像ではわかりにくいかも知れませんが、かぶりものジャンルで受賞したストライクフリーダムのコスプレさんの胸からは
ガスが吹き出るというギミックが!ということが審査後に発覚w
ということで、非常に華やかかつ楽しいイベントでしたよ〜!
参加されたコスプレイヤーのみなさまお疲れ様でした〜!
それと、毎回書いていますが、対象はフィギュアではなく人間ですので、コメントにも御配慮お願いしますね〜

トップページ トップページ