Twitter
Twitter
2017年5月の人気記事
先週の人気記事
カテゴリー一覧
2016年人気記事
月ごとの一覧記事
サイト内検索

唐詩郎さん原型で立体化!ダイキ工業「moeyo.com フィギュアのフィーたん」新作フィギュア製品版レビュー

> > コトブキヤ限定「まほろさん&スポーツバイク リペイントVer.」サンプルレビュー

コトブキヤ限定「まほろさん&スポーツバイク リペイントVer.」サンプルレビュー

コトブキヤ限定「まほろさん&スポーツバイク リペイントVer.」のサンプルレビューです。コトブキヤ秋葉原店にて撮影させていただきました!これは12月1日に再販された、コトブキヤ「まほろさんとスポーツバイク 無免はいけないと思いますVer.」(AM)のバイクカラーを赤とシルバーのツートーンから、シルバーカラーのみにしたリペイント版で、12月中旬に発売延期となったもの。



4方向ショット。
1/12スケールで、全高140mm。 原型製作は白髭創氏と根本靖大氏。
価格は税込10,290円。
これは、アニメ「まほろまてぃっく」のキャラクター「安藤まほろ」を縛にまたがった姿で立体化したもので、コトブキヤ商品解説によると「『まほろまてぃっく』より、メカと女の子の決定版として発売しました「まほろさんとスポーツバイク」が完成品となって登場いたします。あらゆるカテゴリーを強力タッグによって、巧みに昇華した作品となっております。スポーツバイクの所々に一部ダイキャストを使用し、正確なディテールを表現。バイクの精密さと重み、そしてまほろさんの柔らかさと繊細さ。共に感じさせますハイクオリティな出来上がりとなっております。」とされている、2004年8月に発売され、2006年12月1日に再販された、コトブキヤ「まほろさんとスポーツバイク 無免はいけないと思いますVer.」(AM)のバイクカラーを赤とシルバーのツートーンから、シルバーカラーのみにしたリペイント版。
撮影させていただいたものは展示用サンプルですので、もしかしたら若干変更点があるかもしれませんので、あくまでも目安程度にご覧くださいな〜。

2004年に発売されたものの再販ですので、肌の質感や、アイプリントなど、やはり昔っぽい作りですが、もともと高クオリティだったため、思いのほか気にはならない感じでした。

バイクにまたがったまほろさん。
カッコカワエエ〜w
ちなみにまほろさん自体に通常版との変更点はなさそうでした。

バイク4方向ショット。
通常版のボディが、赤とシルバーのツートンカラーなのに対し、こちらの限定版はシルバー1色の渋い配色となっています。
ホイールもゴールドからシルバーに変更されています。

もちろん、バイクの出来は、初版発売から2年以上過ぎた今でも、思わず見とれてしまうほどのハイクオリティに変わり無しです。
ホントすごい・・・後輪のチェーンとか、本当に動きそうですよね〜

ボディカバーやカウルが取り外し可能となっています。カウル以外のボディカバーはダイキャスト製で、重量感&強度も抜群。
ボディカバー外したバイク本体はこんな感じ。

ほとんど見えなくなるのに、内部メカの作りこみが半端ないです。
バイクは詳しくないので、めちゃくちゃすげえとしか形容しようがないのがある意味残念・・・w

通常版の再販「まほろさんとスポーツバイク 無免はいけないと思いますVer.」(AM)は、12月1日には、新オープンしたコトブキヤラジオ会館1F、秋葉原店キャラシティヤマギワソフト本店などに入荷していて、コトブキヤラジオ会館1F、秋葉原店ではサンプル展示も開始していました。
リペイント版も同時発売の予定でしたが、12月中旬に発売延期されていて、現在コトブキヤ各店で予約受付中とのことでした。

商品名 オープン記念限定まほろさん&スポーツバイク 〜リペイントVer.〜
メーカー コトブキヤ
サイズ 1/12スケール 全高140mm
発売日 2006年12月予定
原作名 まほろまてぃっく
原型製作 白髭 創/根本 靖大
コピーライト ©中山・ぢたま/ワニブックス・まほろば家政婦斡旋所
標準小売価格 10,290円(税込)

【関連リンク】
まほろまてぃっく Official Site

今勢いのある人気記事

方天戟さん描き下ろしイラストを立体化!ダイキ工...

みぶなつき氏の描く「艶(つや)」を貴方の目でお確...

驚愕のボテ腹&MOLO造形フィギュアついに発売!Q-s...

同ジャンルの最新記事

発売直後のプラム新作フィギュア「ロウきゅーぶ!S...

コトブキヤ新作フィギュア「ポケットモンスター A...

イージーエイト新作フィギュア「THE IDOLM@STER M...

コメント

太鼓さん

ふぉおおお!
メカと女の子の対比が、りぺされたことによって、一層鮮やかに見えるですよ。
ところで、このバイクは、何という名前ですかね。
(´-ω-`)ゝ

2006年12月2日 15:06

toytoy_189さん

MV AGUSTA(MVアグスタ)F4だと思います。

2006年12月2日 17:02

太鼓さん

ありがとうです!
(´∀` )

2006年12月2日 17:25

hさん

フィギュアの方がおまけみたいだ。

2006年12月2日 17:37

太鼓さん

連続カキすみません。
toytoy_189 さんは、このフィギュアを所有されているんですか?

2006年12月2日 17:47

サリューさん

MVのF4か。
タンブリーニが監修したバイクですね。現在は1000Lモデルとかも出ています。アグスタの前はドゥカティに所属しており916とかが彼の作品です。特徴としてはトラスフレームによるエンジンなどの隙間のない組み合わせが全体に独特の凝縮感を醸し出しています。F4sは「走る芸術品」と呼ばれています。

2006年12月2日 18:58

アフロさん

バイクカッコよ杉…(汗。
見えない所まで細かく造形されていて凄いです。
何と言うか、バイクにしか目がいかないなぁ(マテ。

2006年12月2日 19:05

萌え坊主さん

閉店間際ギリギリで予約出来ました〜
私はバイクにも目が逝きまくりですよ〜(マフラーの焼け具合とかもリアルですよねぇ!)まほろさんのメイド服にバイクと言うのも当時は新鮮だったなぁ〜

2006年12月2日 20:35

もんぷち。さん

>太鼓さん
このカラーリングは映えますよね〜
>hさん
価格的にもバイクのほうがかかってそうですしね〜
>サリューさん
おお。なんかすごそうなバイクなんですねw
>アフロさん
まほろさんも良い出来ですよ?w
>萌え坊主さん
ですね〜

2006年12月2日 23:24

toytoy_189さん

>太鼓様
初回版発売時に購入して以来、ずっとガラスケースで飾っています。
どうせ再販するならまほろさんの顔を現在の技術を駆使して改修してもらいたかったです。
当時発売されたキャストキット版の顔が再現されていたらもう1個買ってました。

2006年12月3日 00:14

MASAさん

ほんと、バイクの方が力入ってる様に見えちゃいますよね。カラーリングもこっちのが好きです。
で、上でサリューさんが上げたアドレスに行ってみました。うわ、カッチョえー・・・安っ!欲しいかも・・・。

2006年12月3日 09:16

もんぷち。さん

>サリューさん
ややサイズがちっさいですが、確かにこれもすごい出来っぽいですね〜
>MASAさん
なにげによさそうですよねw

2006年12月3日 19:32

コメントする





※メールアドレスは公開されません。