Twitter
FANZAでエロフィギュア予約!
「サポーターズ」高額支援者様
Twitter
2019年5月の人気記事
カテゴリー一覧
2018年人気記事
月ごとの一覧記事
サイト内検索

> > 日本初のプラモデル マルサン「原子力潜水艦 ノーチラス号」 【キャラホビ2008レポ】

日本初のプラモデル マルサン「原子力潜水艦 ノーチラス号」 【キャラホビ2008レポ】

2008年8月30・31日開催された、キャラホビ2008では、2008年で、国産プラモデル誕生50周年を迎えるので、その記念として「プラモデルミュージアム」が開催されていました。その入り口では、1958年(昭和33年)12月に発売された、日本最初のプラモデル、マルサン「原子力潜水艦 ノーチラス号」の当時のオリジナルキットのサンプルと、金型の展示がされていました。



2008年8月30・31日開催された、キャラホビ2008では、2008年で、国産プラモデル誕生50周年を迎えるので、その記念として「プラモデルミュージアム」が開催されていました。
その入り口では、1958年(昭和33年)12月に発売された、日本最初のプラモデル、マルサン「原子力潜水艦 ノーチラス号」の当時のオリジナルキットのサンプルと、金型の展示がされていました。
関連:マルサン商店 – Wikipedia/プラモデル – Wikipedia

掲示されていたPOPには

2008年、国産プラモデルは誕生から50年を迎えました。かつてプラモデルに熱中した模型少年たちも、それぞれに振り返る歴史をもつ立派な大人へと成長しました。ひとつひとつのプラモデルには、模型ファンにとっても、模型メーカーにとっても、個人的な感情を呼び覚ますさまざまな体験が刻まれていることでしょう。

等とかかれ、マルサン「原子力潜水艦 ノーチラス号」の50年前当時のパッケも展示されていました。
マルサン「原子力潜水艦 ノーチラス号」は1/300スケール。
価格は当時の金額で250円。
前述の通り、1958年(昭和33年)12月に発売されたもの。
POPの解説によると

ARTNO、7001、国産初のプラモデル。発売は12月とされており、クリスマスからお年玉商戦を狙ったものか。マルサンは後にレベル(当時の表記はラベール)社と提携して「マルサン・ラベール」ブランドで発表したキットもある。展示品は当時のオリジナルキット。(平塚正幸氏所蔵)

と紹介されています。

会場ではノーチラス号の金型も展示。

その下にはランナーパーツも。

組み上げたものも展示されていました。
いまから見ればパーツ構造はシンプルかもですが、現在でも十分見るに耐え得るディティールと力強さを感じますね!
他、9月初旬に童友社から発売された、公式の商品説明によると「当時の金型でそのまま成型してあります。中にはプラモデルの歴史を語る小冊子が2冊入っています。説明書は当時のままですが、パッケージは50周年記念モデルとして新しく作りました。」という「記念限定モデル 原子力潜水艦ノーチラス号」(AA)のパッケも展示されていました。


【関連記事】
C3×HOBBY キャラホビ2008の記事一覧
【関連リンク】
マルサン商店 – Wikipedia
童友社
プラモデル – Wikipedia
創製のマルサン 日本の模型史を語るとき、絶対に省けないメーカー – Lion-ナビの紹介ページ

今勢いのある人気記事

「トレジャーフェスタ・ネオin有明3」 様々なディ...

フリーイング新作美少女フィギュア「B-STYLE ああ...

褐色肌の黒ギャル仕様!Q-six「ディープウェブ・ア...

同ジャンルの最新記事

メーカー別ピックアップ29選!マックスファクトリ...

フリーイング新作美少女フィギュア「B-STYLE ああ...

キューズQ美少女フィギュア「東方Project レミリア...

コメント

ゆたかさん

今から50年前のまだまだ物資が足りない時代の少年達(つまりわたし達の父親の世代か、その前の世代)が燃えたその時代の少年達にとって新鮮に見えた日本初のプラモデル「原子力潜水艦 ノーチラス号」
このプラモデルに心震えた少年達の気持ちは同じ年頃の今の少年達が今の時代をどんなに感じているであろうと考えてしまいます。
物が溢れきっている今の時代に一石を投じる歴史的なプラモデルの、再誕ですね。

2008年9月7日 16:56

ためえもんさん

こういう展示は意義があっていいですね。
本当に完成品の出来栄えは素晴らしいし、ここからの積み重ねが
いまのプラキットにつながってるんだろうな~って思うとグッときますね。
それにしても50年前で250円てかなりの高級品ではないでしょうか。

2008年9月7日 19:57

nobuさん

今のプラモデルから比べればパーツの点数も少なく、説明書もずいぶん簡素ですが、こうした原点がないと何も始まらない訳ですよね。
何でもそうですが、どういった所から積み重ねて行ったかは知るべきでしょうね。

2008年9月7日 21:53

もんぷち。さん

>ゆたかさん
なんというか、イロイロないみで重みを感じますよね~。
>ためえもんさん
>ここからの積み重ねがいまのプラキットにつながってるんだろうな~って思うとグッときますね。
ですね~。
>それにしても50年前で250円てかなりの高級品ではないでしょうか。
かも知れませんね~。
>nobuさん
ですな~。

2008年9月8日 09:27

コメントする


※メールアドレスは公開されません。