Twitter
FANZAでエロフィギュア予約!
ウルティメイトサポーター
2019年人気記事
2020年7月の人気記事
カテゴリー一覧
月ごとの一覧記事
サイト内検索

> > ポロリ可能 ラナ「MC☆あくしず ノーズアートの娘さん」サンプルレビュー

ポロリ可能 ラナ「MC☆あくしず ノーズアートの娘さん」サンプルレビュー

ラナ「MC☆あくしず ノーズアートの娘さん」(AA)のサンプルレビューです。これは、あみあみの商品説明によると【雑誌『MC☆あくしず』Vol.4のピンナップからあの!”山下しゅんや氏”作『P-40&ノーズアートの娘さん』の娘さんをフィギュア化】というもの。手に持った重火器は、実在の「ブローニングM2 12.7mm機関銃」を立体化したもの。後、ブラ部分はポロリ可能みたいです!w



4方向ショット。
1/7スケールで、全高約220mm。
価格は税込7,140円。
あみあみの商品説明によると【「萌え」・「美少女」を前面に押し出したミリタリー雑誌『MC☆あくしず』Vol.4のピンナップからあの!”山下しゅんや氏”作『P-40&ノーズアートの娘さん』の娘さんをフィギュア化決定!山下しゅんや氏の描く魅力的なボディーを余す事無く再現!抱えている銃器は実在する『ブローニングM2 12.7mm機関銃』をモデル化しています。】と紹介されています。
関連:山下しゅんや氏サイト – RICK-O-SOUND/MC☆あくしず – オフィシャルblog/MC☆あくしず – Wikipedia/12.7mm重機関銃M2 – Wikipedia
コトブキヤラジオ会館にて撮影させて頂きました!
なお、見せていただいたものは、PVCテストサンプルとなりますので、こんな感じになるんだなという、目安程度にご覧くださいな~。

ボディアップ前後。
しゅんや氏デザインらしい、露出度が高いメリハリのきいたボディラインを、非常に丁寧かつ肉感的に造形されていますね~!

顔も中々雰囲気が出ているかなあと。
プロペラな頭飾りが斬新ですね~w

乳も魔乳まではいかないものの、かなり大きなものをお持ちで、非常に美しい乳曲線を描いていますw

吸い込まれそうな谷間もくっきりw

台座は滑走路や未舗装の道路のような雰囲気のものでした。
手に持った重火器は、実在の「ブローニングM2 12.7mm機関銃」を立体化したもの。
中々緻密に出来ていますね~!
左のニーソには、シャークのキバマークが。
これがまた妙にセクシーですな~w

腰周り4方向ショット。
スージーさんこそありませんが、横はヒモ2本で、非常に布地が少ないものとなっていました!w

ローアングルから。
ぴたっと貼りついた布地がエロイですな~!w

で、ブラ部分はポロリ可能でした!w
乳首造形&塗装もありですw
ただ、肌の造形が美しく、特に乳から腰、お尻のクビレまでの曲線は、どちらかというとエロイ感じよりは、芸術品のような美しさを感じでしまいましたよ!w

とはいえ、やはりエロイ乳してますがね!
( ゚∀゚)=3
肌の質感も適度なフラット感でとても綺麗な印象でした!
製品版でもこのまま維持してくれるといいですなあ・・・
発売は、9月予定となっています。

商品名 MC☆あくしず ノーズアートの娘さん
メーカー ラナ
サイズ 1/7スケールで、全高約220mm
発売日 2008年9月予定
コピーライト (C)山下しゅんや/イカロス出版
標準小売価格 7,140円(税込)

【関連レビュー】
ラナ「ホットギミック アルティメットコレクション」テストサンプル
【関連記事】
「音楽は人を殺れる!!」 「デトロイトメタルシティ 4巻」発売
乳にモザイクパーツ ラナ「ホットギミック アルティメットコレクション」発売
【関連リンク】
ラナ
コトブキヤラジオ会館
MC☆あくしず – オフィシャルblog
MC☆あくしず – Wikipedia


【ショップリンク:MC☆あくしず ノーズアートの娘さん】
Amazon
あみあみ
<!–
(C)山下しゅんや/イカロス出版


【モバイル用ショップリンク】
MC☆あくしず ノーズアートの娘さん
Amazon
あみあみ–>

今勢いのある人気記事

上も下もぽろり!?ロケットボーイ新作エロフィギ...

スカイチューブ「コミック阿吽2013年10月号 冬月茉...

予約開始前のベルファイン新作美少女フィギュア「...

同ジャンルの最新記事

ウイング新作美少女フィギュア「蒼き鋼のアルペジ...

キャラアニ新作美少女フィギュア「青春ブタ野郎は...

元気いっぱいな表情。SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE新作...

コメント

鉄骨丸さん

ふ〜む、最近「軍(武器)+女の子+耳」
が流行っているのですかね…。テレビや雑誌やたら見るような…。
ある心理学者いわく
「人は相手のイメージとのギャップにときめく」だそうです。(ネコ好きの堅物上司、軽男の博学、ツンデレ…etc)
この作品もまた「可愛い子が無骨な銃を扱う」というギャップに惹かれるのでしょうかね…。( ̄∀ ̄)

2008年7月11日 15:52

もんぷち。さん

たしかにそういうギャップが面白いというのはありますね~w

2008年7月12日 09:33

コメントする


※メールアドレスは公開されません。