FANZAでエロフィギュア予約!
ウルティメイトサポーター
2018年人気記事
Twitter
2019年11月の人気記事
カテゴリー一覧
月ごとの一覧記事
サイト内検索

> > ザッカ ピー・エイ・ピー「ドロヘドロ カイマン」のサンプル展示

ザッカ ピー・エイ・ピー「ドロヘドロ カイマン」のサンプル展示

ザッカ ピー・エイ・ピー「ドロヘドロ カイマン」(AA)のサンプル展示がコトブキヤラジオ会館にて開始しています。これは、月刊IKKIに連載されている、「ドロヘドロ」の、魔法でハ虫類の頭に変えられた主人公「カイマン」を立体化したものです。その特徴的なハ虫類の頭含め、全体の造形、塗装ががものすごいクオリティです!付属の「ギョーザ男ストラップ」と「餃子」もやけにリアル



ザッカ ピー・エイ・ピー「ドロヘドロ カイマン」(AA)
ノンスケールで、全高約220mm。
「ギョーザ男ストラップ」「『腹中虫』特製大葉餃子」付属
価格は税込8,400円。
Amazonの商品説明によると『月刊IKKI(小学館)に連載中の、人気コミック『ドロヘドロ』より、主人公『カイマン』がPVC塗装済み完成品にて驚愕のフィギュア化!作者の林田球氏、単行本の装丁を手がけるメチクロ氏が徹底監修!細部にこだわり抜いた完成度での立体化が実現!頭部の交換により『ノーマルVer.』と『ガスマスク Ver.』がそれぞれ再現可能。付属武器としてナイフ2本・斧1本が付属。手首も左右2種ずつ付属し、非可動ながら様々な表情で楽しめるプレイバリューの高いシリーズ。 ファン納得のおまけも充実!』と紹介されています。
ドロヘドロは、月刊IKKIの紹介ぺージによると『主人公はカイマン。ハ虫類の顔を持ち「ホール」と呼ばれる町に住む男。彼は「魔法使いの世界」から来た魔法使いによってこの姿に変えられ記憶も失った。本来の姿を取り戻すため「魔法使いの世界」へ乗り込んだカイマン。友人のニカイドウとともに戦いながら自分の過去を探してゆくのだが・・・・・・。』というストーリーのコミックで、カイマンは、ドロヘドロ – Wikipediaによると「本作品の主人公。カイマントカゲによく似た頭部を持つ男。怪力の持ち主でナイフの扱いに長けている。身長216cm。体重98kg。足のサイズ38cm。ホール中央病院魔法被害者病棟でアルバイトをしながら、自分の本当の顔と記憶を取り戻すために、自分に魔法をかけた魔法使いの手がかりを求めてホールを訪れる魔法使いを狩って生活している。ギョーザが心の中の重要なところに位置するほどの大好物。」というキャラ。
2008年4月現在、コミックは「11巻」(AA)まで発売中。
関連:月刊IKKI – 公式/ドロヘドロ – Wikipedia/林田球氏サイト – 胃SHOCK獣
なお、展示されていたものは、テストサンプルとなりますので、こんな感じになるんだなという、目安程度にご覧くださいな~。

バストアップ、胴部、脚部等。
トカゲの顔、ベルトの質感、ニーパットの磨り減った感じ等、じっくりみれば見るほどその細かい造形と塗装の完成度の高さがわかりますな!
左手には斧を持っていました。この辺はパーツ付け替えで持ち替えも可能みたいです。

付属の「ギョーザ男ストラップ」「『腹中虫』特製大葉餃子」の出来もやけにいいですw
とくに餃子の出来はハンパねえですよ!w
頭部は別途付属のガスマスクを被ったものにも出来るみたいです。

パッケはこんな感じで、扉付のものになるみたいです。
発売は、5月予定となっています。


【関連リンク】
ザッカ ピー・エイ・ピー
コトブキヤラジオ会館
月刊IKKI – 公式
ドロヘドロ – Wikipedia
林田球氏サイト – 胃SHOCK獣
©Q-HAYASHIDA / SHOGAKUKAN

今勢いのある人気記事

『夜更かしはいけませんよ…?』 漫画家・イラスト...

パセリさんのイラストを立体化!スカイチューブ新...

雨宮哲さん新規描き下ろしイラストを立体化!グッ...

同ジャンルの最新記事

ファット・カンパニー新作美少女フィギュア「オー...

saitomさんイラストを立体化!マックスファクトリ...

アルミナ新作美少女フィギュア「アイドルマスター ...

コメントする


※メールアドレスは公開されません。