Twitter
FANZAでエロフィギュア予約!
ウルティメイトサポーター
2018年人気記事
Twitter
2019年11月の人気記事
カテゴリー一覧
月ごとの一覧記事
サイト内検索

> > 海洋堂 リボルテックヤマグチ「No.050 グレンラガン」「No.051 リガード」のサンプル展示

海洋堂 リボルテックヤマグチ「No.050 グレンラガン」「No.051 リガード」のサンプル展示

海洋堂 リボルテックヤマグチ「No.050 グレンラガン」(AM)と「No.051 リガード」(AM)2種のサンプル展示が、海洋堂ホビーロビーにて開始しています。これは、2006年5月に発売された、リボルテック第1弾から3年目に突入となる、5月15日に発売されるものです。海洋堂ホビーロビーでは新作紹介POPも掲示され、WF2008冬展示のあったクラウザー様は7月15日発売。



海洋堂 リボルテックヤマグチ「No.050 グレンラガン」(AM)と「No.051 リガード」(AM)2種のサンプル展示が、海洋堂ホビーロビーにて開始しています。
原型製作は共に山口勝久氏。
なお、展示されていたものは、どちらもテストサンプルとなりますので、こんな感じになるんだなという、目安程度にご覧くださいな~。

海洋堂「リボルテックヤマグチ No.050 グレンラガン」(AM)
ノンスケールで、全高約120mm。
可動箇所は全54箇所。ジョイント使用数は全19個。
コアドリル、サングラス、オプションヘッド、オプションハンド×4、ディスプレイベース付属。
価格は税込1,995円。
海洋堂ミュージアムストアの商品説明

●『天元突破グレンラガン』の主役ロボット、グレンラガンがリボルテックに登場。
●アクション性能を発揮させるため、19箇所にリボルバージョイントを投入し、破天荒な全身54箇所可動を実現。
●胴体内部にジョイントを仕込むことで、胸部のグレン顔に表情をつけることができます。
●すね裏カバーには6mmジョイントを搭載。ひざを曲げる際にスライドし、可動表現を大幅にアップする新機構を採用。
●さらに、胸のグレンブーメランは差し替えにより、装着時と使用時の2通りを再現可能。
●また、劇中での重要アイテム”コアドリル”アクセサリが原寸大で付属。ドリル部分を取り外してジョイントに挿し込むむと、巨大ドリル装備グレンラガンにすることが可能です!
●その他にも、グレンブーメラン、熱血ヘッド、4種の交換ハンド等のオプションパーツが付属。

グレンラガンは、天元突破グレンラガンの登場兵器 – Wikipediaによると「グレンとラガンが合体して生まれた巨大ロボット。グレン同様の胴体顔面部のグレンブーメランの他、全身の各部から突出するドリル等の武装を持つ。ドリルの形状や長さは多岐に渡る。グレンラガンはラガンの持つ莫大なエネルギーがコアとなり、グレンを支配する事で合体が行われている。ラガン搭乗者のシモンが主な操縦者であるが、シモンが委託する事でグレンの搭乗者が操縦する事も可能である。第1部では主にカミナが操縦しており、第2部ではシモンの休憩中にロシウが操縦を担当している場面があった。」という機体。
関連:天元突破グレンラガン – 公式/天元突破グレンラガン – Wikipedia/天元突破グレンラガンの登場兵器 – Wikipedia/ワンフェス2008冬での展示の様子

ボディアップ、腰部分、脚部。

展示されていたほかのポーズのサンプル。
全体的にかなりスタイリッシュにまとめられていますね~!

「胸のグレンブーメランは差し替えにより、装着時と使用時の2通りを再現可能。」とPOPにもあったように、ブーメランを手に持ったポーズも。
右の画像は付属の「コアドリル」サンプル展示の様子。
ドリル部分は取り外してグレンラガンに装着させることが可能です。

海洋堂「リボルテックヤマグチ No.051 リガード」(AM)
ノンスケールで、全高約120mm。
可動箇所は全30箇所。ジョイント使用数は全9個。
4連ミサイルポッド、ディスプレイベース付属。
価格は税込1,995円。
海洋堂ミュージアムストアの商品説明

●ゼントラーディ軍の白兵戦用兵器「リガード」がリボルテックに登場。
●卵型のボディに鳥のような脚部を備えた、特徴的なデザインは、見た目以上に広範囲な可動を楽しめます。
●全身にゼントラーディ文字によるマーキングを配し、「機動性に優れる」という設定どおりに、歩行・攻撃・飛行など様々なポージングが可能。
●特に胴体と脚部をつなぐリボルバージョイントの絶妙な角度により、まるで意思があるかのような多様な表情が生まれます。
●機体上部にある主砲2門の基部にも6mmジョイントを装備、あらゆる角度での射撃スタイルが可能。
●機体左右の回転式ロケットエンジンも、軸可動により噴射角を調整できます。
●さらに背部の対空砲を、オプションの多弾頭大型ミサイルポッドと差し換えて、強攻型へとクラスアップする事ができます。

リガードは、リガード – Wikipediaによると「ゼントラーディ軍の巨人兵士が搭乗するワンマン戦闘ポッド。一般兵士用の簡素な構造だが運用性は高く、ゼントラーディ全軍に広く配備されている。約3億を数える衛星工場の自動生産ラインで大量生産され、常に前線に補給されている。」という、マクロスに登場する機体。
関連:マクロスシリーズ – 公式/超時空要塞マクロス – Wikipedia/リガード – Wikipedia/ワンフェス2008冬での展示の様子

ボディアップ、ミサイルポッド、独特の形状を見事に再現した脚部など。
全体的にすっとしたスマートさがあり、非常にカッコイイシルエットとなっていますね!

もちろん劇中の飛行ポーズも可能。
ミサイルポッドとの差し替えで、強攻型<>通常型の切り替えも可能なところが嬉しいデスネ~!w

海洋堂ホビーロビーでは、グレンラガンの巨大POPも掲示されていました。
また、「リボルテック3年目の5月15日 遂にシリーズ50作品突破!!」と書かれた新作紹介POPも掲示され、WF2008冬展示のあったクラウザー様は7月15日発売みたい。
他、ラゼンガンYF-21(ガルド機)が6月15日発売予定となっていました。

商品名 リボルテックヤマグチ No.050 グレンラガン
リボルテックヤマグチ No.051 リガード
メーカー 海洋堂
サイズ ノンスケール 全高約120mm
発売日 2008年5月15日予定
原作名 天元突破グレンラガン
超時空要塞マクロス
原型製作 山口勝久
コピーライト 天元突破グレンラガン ©GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KDE-J・テレビ東京・電通
超時空要塞マクロス ©1982 BIGWEST
標準小売価格 各1,995円(税込)

【関連レビュー】

【関連記事】
ワンフェス2008冬での展示の様子(グレンラガン)
ワンフェス2008冬での展示の様子(リガード)
リボルテックヤマグチ「劇場版イングラム1号機/2号機」「鉄人28号」 発売
リボルテックヤマグチ「No.40 ヘルダイバー」「No.41 ブロッケン」「FS限定 ブロッケン初期OVA版」発売
リボルテックヤマグチ「No.39 ガイキング フェイスオープン Ver.」「No.38 劇場版 スーパーバルキリーVF-1A(一条輝機)」発売
【関連リンク】
海洋堂
海洋堂ホビーロビー
リボルテック – 公式
天元突破グレンラガン – 公式
天元突破グレンラガン – Wikipedia
天元突破グレンラガンの登場兵器 – Wikipedia
マクロスシリーズ – 公式
超時空要塞マクロス – Wikipedia
リガード – Wikipedia

今勢いのある人気記事

アルター新作美少女フィギュア「アズールレーン セ...

アルターの新作美少女フィギュア「ソフィーのアト...

ベルファインの新作美少女フィギュア「傷物語 キス...

同ジャンルの最新記事

アルファマックス新作美少女フィギュア「嫌な顔さ...

スカイチューブ新作エロフィギュア「ちゆる illust...

オーキッドシード新作美少女フィギュア「すーぱー...

コメント

しげさん

> No.051 リガード
しばらく行ってない間に展示開始されていたみたいですね。
いやーこれはホント、上期の中では一番楽しみかもしれないw
ヲイラとしては初の複数買いをする予定。
子ども心に「ガンダムと比べて何て変な形したメカなんだろう」
とリガードを見て思っていたけども、
大人になってからこのリガードのイビツな形の良さが分かるようになりますたw
人が乗ってるんだもんなぁ、ゼントラーディが。
さり気ないゼントラン語のマーキングは嬉しいところ。
出来れば偵察機用のレーダーも付属品としてつけて欲しかったけども、
出ないならプラ板か何かで自作するしかないか?
(関連)
【行くぜ ダチ公】リボルテック・グレンラガンの展示@海洋堂ホビーロビー東京【みなさん、たーんと召しあがれ。】 しげログ mk-II

2008年3月22日 12:58

もんぷち。さん

バリエーションででるかも?
流石にないか・・・w

2008年3月24日 11:19

コメントする


※メールアドレスは公開されません。