Twitter
Twitter
2017年7月の人気記事
先週の人気記事
カテゴリー一覧
2016年人気記事
月ごとの一覧記事
サイト内検索

唐詩郎さん原型で立体化!ダイキ工業「moeyo.com フィギュアのフィーたん」新作フィギュア製品版レビュー

> > 「ゲイジング」でつながるバンダイの「機動戦士ガンダムAGE」ホビー 【おもちゃショー2011レポ】

「ゲイジング」でつながるバンダイの「機動戦士ガンダムAGE」ホビー 【おもちゃショー2011レポ】

「東京おもちゃショー2011」のバンダイブースの「機動戦士ガンダムAGE」コーナーでは、マイクロチップが埋め込まれて、それを読み込むことで様々な楽しみ方が出来る「ゲイジング」関係の新作アイテムがずらりと展開されていました。

コーナー手前では、定番となった2mくらいの大きさの立体モデルがお出迎え
 

立体モデル全身とボディアップ
 

「ゲイジング(GAGE-ING)」が可能にするまったく新しいガンダムバトルホビー!
ゲイジングとは・・・フィギュアやプラモをスキャンするシステムのことだ!
 


主人公たちが持つ「エイジデバイス」を立体化した電子ホビー
コレ単体であそぶことも可能ですが、コレを軸に「ゲイジング」を使った遊びが
 


フィギュアをスキャンし、バトルさせ、エイジデバイスに経験値を溜めることが出来る
「ゲイジング ハロ」
 

ゲイジングが可能なシリーズとして1/100スケールの完成品「ゲイジングビルダー(GB)」と
1/144プラモデルの「アドバンスドグレード(AG)」がラインナップ
 

ゲイジングチップが、
フィギュアとプラモの常識を変える。
 

AGにはひとつ
 
 
GBには両肩と上半身、下半身に1つずつ、
計4枚のゲイジングチップが埋め込まれています

以下、展示されていた「ゲイジングビルダー(GB)」のラインナップをフォトレポでお伝えします。


装着例。腕と足のパーツが別売りになるみたいです
 



「コア」として、上半身のみの販売も
 



敵も含め、上半身、両腕、下半身の4つのパーツを自由にカスタマイズ可能
 

複数所持するときのためのキャリングケースも発売予定
 

ここからは、展示されていた「アドバンスドグレード(AG)」のランナップをお伝え
 

塗装不要!道具不要!
大きなパーツで簡単に組み立て可能なブロックビルド
 
チップが1枚なので、3対までのチームバトルが楽しめる

サンプルのランナーも展示。たしかに大きなパーツ
 






ある種、今回の「ゲイジング」の目玉となる、店頭に置かれる予定の無料で遊べる什器
「ゲイジングバトルベース」
 

実物も展示し、担当の方がプレゼンも行っていました
 

コクピットをイメージした筐体デザイン
中央のへこんだ部分にGBやAGを入れてチップを読み込ませます
 

GBは4種のパーツの組み合わせ、AGは3対までのチーム編成の仕方により、様々なスキルやコンボなどのボーナスがつくので、その組み合わせを捜す楽しみもあります。

劇中同様に「エイジデバイス」を差し込む
 

このエイジデバイスがいわゆるICカ-ドのような役目を果たし、自分の戦績や経験値などを記録することが出来ます。
上記準備が整えば、3DCGで展開されるバトルが開始。
バトルはジャンケン方式となっていて、シンプルで熱い戦いが楽しめます。
家では「ゲイジングハロ」で、店頭では「ゲイジングバトルベース」であそべるということみたいです。

「ゲイジングバトルベース」では、カメラもついていて、自分のBGやAGを撮影することも。
上位ランキングすれば、その画像が表示されたりもするそうです。
「機動戦士ガンダムAGE ゲイジングビルダーシリーズ」は、Amazonで予約が開始(AA)しています。
より詳細は、今後「ゲイジング」公式サイトのほうで展開されていくとおもいます。
プラモ狂四郎とまでは行きませんが、コレはかなり面白そうですな・・・!
子供のころにこんなのあったら絶対夢中になってやったろうなあ・・・w

関連

東京おもちゃショー2011の記事一覧
この部分はiframeを使用しています
ガンダムシリーズ(ロボ系) – フィギュア大百科
東京おもちゃショー2011
バンダイ
(C)創通・サンライズ・毎日放送

今勢いのある人気記事

深崎暮人さん描き下ろし水着シリーズ第3弾!グッド...

「ワンダーフェスティバル 2017[夏]」 様々なデ...

マックスファクトリー新作フィギュア「艦隊これく...

同ジャンルの最新記事

メガハウス「ONEPIECE LOGBOX」が「日本おもちゃ大...

バンダイ「聖闘士聖衣神話」「ダンボール戦機」「...

「NARUTO」「銀魂」「プリキュア」等 バンダイのガ...

コメント

匿名さん

ガンダム000?
「コンボでてきをやっつけろ」って感じですか?

2011年6月17日 14:39

あおいそらさん

おもちゃとしては有りだと思うが、コンセプト、あらすじ、スタッフコメント全て見てもダンボール戦記の進化形であり、FFと一緒で何故ガンダムの名を冠したとしか・・・。
過去にこれと同じ事したのがあったよね、パーツ組み替えて戦えるヤツ。
技術がついて行けてなかったからまったく流行らなかったが・・・。

2011年6月17日 17:05

あすとれあさん

ファミ通のインタビュー読む限りでは、レベルファイブ企画のガンダムなのでダンボール戦記に似てるのも仕方ないかなと…
とりあえず大きいお友達はプレイしづらいだろうなと思いますw

2011年6月17日 17:59

ミスター味っ子さん

タイタスとスパローが特にだせぇwwww

2011年6月17日 18:36

おやじさん

漫画『プラモ狂四郎』のようなことを現実でできる日も近いのかもしれませんね。

2011年6月17日 20:44

匿名さん

ちょっと店で遊ぶには抵抗がありますね;
大きなお友達はHGやMGに期待します

2011年6月17日 20:46

DO-Sさん

自分はどちらかというとMBS・TBS枠で放送という事に驚いております。
てっきりテレ東系で放送するものだと思っていたので。w
値段的にAGは従来で言うところのFG枠でしょうか。
1/100の方はパーツ毎に分けて売るというのがちょっと予想外ですね。
分売パーツが順調に売れたらAGE以外のシリーズで武器セット販売するようになるかな?
という意味で注目したいと思います。

2011年6月17日 22:26

DAMさん

今のおもちゃの技術を取り入れたらこんな感じですか。
チップだけ流用して、まったく別物にしてしまうとか、そういう遊びはあり?
あえてザクに埋め込むとかw
これだと、別に人型してなくてもチップは読み込めそう。
いっそ、オーメダルのチップを交換して・・・夢はありますね!

2011年6月17日 22:29

匿名さん

電通がからむと、みんな「どこかで例のある企画」にしかならない。
そして、電通の企画で大成功の例は今までひとつもない。流通スキームを組み立てるだけの会社。それが電通。
まじで、電通はガンダムからはずれてほしいわ。

2011年6月18日 01:15

ふぁさん

何この○○レンジャーロボみたいな棒立ちは?
ていうか何でPSの「ゼクシード」より劣化したのを今頃やってんの?

2011年6月18日 08:18

匿名さん

全体的にかっこわるいねぇ・・・
今の子供たちはこのデザインに惹かれるのだろうか?
ガンダムでやる必要なかったんじゃ

2011年6月18日 11:27

もんぷち。さん

>Anonymousさん
ニュアンス的にはそんな感じかも?
>あおいそらさん
今回、その技術が追いついたのでもう一度・・・ってことでしょうかね?
>あすとれあさん
>とりあえず大きいお友達はプレイしづらいだろうなと思いますw
かもですな。
まあそのための「ゲイジング ハロ」っともw
>ミスター味っ子さん
動いてるのみたら「やだかっこいい・・・」となる可能性も・・・?w
>おやじさん
そうなったたほんとすごいですな!
>Anonymousさん
ふむw
>DO-Sさん
最近TBSはアニメにかなり力を入れているみたいなので、その一環なのかも?
珍しい展開なので、どうなるのか気になりますね~。
>DAMさん
まあチップさえあれば読み込みは出来るはずですからねw
>Anonymousさん
ふむふむ~。
>ふぁさん
HGなどしっかりしたものも別途あるので、あくまで安価で提供できる「子供向け」ってスタンスなのかもデスネ。
>Anonymousさん
デザインセンスの違いというのは、あるかもデスネ。
まあ、実際出てみたらわかると思います。

2011年6月18日 11:45

コメントする





※メールアドレスは公開されません。